バナー

宅建の概要とeラーニングのメリット

宅建とは、宅地建物取引主任者の略語で、宅地や建物の売買や貸借などの契約締結までに、物件や契約内容の重要事項を説明をする専門家です。
宅地建物取引主任者は、あまり宅地や建物の取引に対しての知識がない購入者に対して、取引上の過誤によって損害を被ることを防止する重要な役割があります。

今までになかったAlfcloudのサービス事例を見つける – Alfcloud | alfcloudの情報はこちらのサイトです。

また、宅地建物取引業者では、事務所で事務に従事している5人に対して1人の割合で宅地建物取引主任者を置かなければならないと定められています。

このように、宅建は取引業者に対しても、購入者に対しても重要な業務でもあり、重要な資格です。

この宅建の受験資格は、年齢・性別・学歴などの制限はなく、誰でも受験できます。

この宅建の学習方法に通信教育がありますが、その学習方法にeラーニングがあります。

遠隔 授業の様々な情報を掲載しています。

eラーニングとは、インターネットを利用した学習方法です。


eラーニングのメリットは、講師が学習内容を説明している動画などを利用して学習することができます。この動画などを利用することで、学習理解度をさらに深めることができます。
この動画などを24時間いつでも利用ができるため、いつでも自分のペースで、わかりやすい講義を受けることができます。

スマートフォンやタブレットなどを利用できる通信教育もあり、場所を選ばずどこでも気軽に試験勉強をすることができます。


また、教材などの内容で変更点などがあると、一度配布した教材の内容を修正するのは難しいですが、eラーニングでの教材は容易に変更することができるため、受講者は最新の内容の教材で学習することができます。